読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「折れた竜骨」米澤穂信(東京創元社ミステリフロンティア)

『そしてそれはお前にも分かるはず。いや、お前にこそ、わかってもらわねばならない。ニコラ、何も見落としてはいけない。そして考えろ。お前には素質がある。真実を見つめる勇気がある。理性と倫理は魔術をも打ち破る。それを証明するんだ。そして、時が来たなら迷わず義務を果たせ』


自然の要塞に囲まれたソロン島。その領主が殺された。鉄壁の守りはなぜ破られたのか。犯人は誰なのか。容疑者は8人。娘のアミーナは騎士ファルクとその従者ニコラとともに、犯人をさがす。という話。

たいへん面白うございました。大満足です。優れたミステリを読むと、やっぱりわたしはミステリが大好きだなぁ、と思いますね。

剣と魔法のファンタジーと良質のミステリが絡み合って、謎解きの楽しを味わうには一級品です。そして小説としても面白い。
ハウダニットよりもフーダニットに重きが置かれていて、早々に殺害手段は明かされます。では誰がやったのか。容疑者一人一人に話を聞くこのやりとりがとても面白かった。

読者への挑戦が挿入されててもおかしくないほどミステリの王道たる形式を踏襲しながら、しかしその調理法は新しく、なんともわくわくさせられました。
感情的に読めば犯人は直感的に変わると思います。でもそこに至るまでの周到に用意された伏線がたいへん美しいです。

それから主人公のアミーナが魅力的。聡明かつ冷静で、しかも自らの責務に自覚的です。凛とした姿勢に好感が持てます。もういっそ、兄アダムより彼女が領主になったほうがソロン島のためだよ。
襲来したデーン人との戦いで、領主の娘として危険を避けつつ、しかし戦闘から目を離さない彼女の冷静さには感服するものがありました。

面白かったです。

折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)
(2010/11/27)
米澤 穂信

商品詳細を見る
スポンサーサイト

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。