読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『犬はどこだ』米澤穂信(東京創元社ミステリ・フロンティア)
たいへん面白く読みました。
謎の失踪を遂げた女性を探すっつーのは探偵小説には多々あるシチュエーションですが、失踪の理由には新しさを感じました。いや、ありがちといえばありがちか……? しかしそもそもの発端は、これまでの小説には見られなかったものですね。
驚くとともに、いたく納得しました。これならば、周りの人には失踪の理由がわからないってのが肯けます。

しかし。ネタバレになるからあまり書きたくないけど、このラストは……。なんというか、好みが分かれる結末で、どっちかというとわたしの好みでは。
いや、ラストがつまらないというわけではないのです。むしろ素晴らしい。この話の持っていきかたは非常に好みです。なんというか、わたし好みのラストでないところが、かえってわたし好みなのです。メンタリティが違う日に読んでいれば、最高傑作! と思ったかもしれない。それくらい良いラストなのです。

感情論から言うと、そりゃないだろーって思うんですけどねー。
読み終わった後に改めてタイトルを読むと、「うーん?」という感じ。そこにいたるまでの過程はたいそう面白かったのになぁ。
捜査の過程とか不慮の事態とか棚からぼた餅とか意外な協力者とか。少しずつ小出しにされる情報は実に見事。
好み云々を抜きにすれば、かなり面白い小説として分類して差し支えないと思います。

表紙にしれっと『紺屋サーチ&レスキューの事件簿1』とあるので、シリーズとしての今後の展開が非常に楽しみです。
スポンサーサイト

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。