読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『そして夜は甦る』原りょう(ハヤカワ文庫)
最近出た『愚か者死すべし』の評判を聞いて、読んでみることにしました。
チャンドラーを読んだことがないので先入観はゼロでした。それが良かったのかどうかは分かりませんが。

読んだ感想といえば、なるほど、これは高校時代に読んでたらハマッたかもしれないなぁという感じ。沢崎氏は非常にスマートで、気障な科白も鼻につくどころか、格好よく感じられます。事件だって面白い。んだけど、なんだかなぁ。
登場人物に感情移入できなくて、事件そのものの流れや意外な結末に感心しつつも、だから何、って思っちゃったんだよなぁ。

大人の考えることって良く分からない……。高校時代なら、分からないのが逆に、「大人の世界にはこういうこともあるよんだろうな」と納得できた気がするのですが。いちおう大人になった今。依頼人の気持ちがなんとなく分かるが故に納得いかーん!!!
もっと大人になれば分かるのでしょうか。

次作に期待します。
スポンサーサイト

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。