読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「兄弟の事情」渡海奈穂(Dear+文庫)
BL注意。
あとタイトル通り兄弟モノなので苦手な人も注意。義兄弟で血の繋がりはないのですが。
わたしは兄弟モノはたいへん好きです。
インセスト・タブーにまつわる話はたいてい楽しく読めます。
兄×弟でも、弟×兄でも、姉×弟でも、姉×妹でも、双子でもなんでもOK!
兄×妹と親子モノになるとちょっとビミョーなんですが、それ以外ならおいしくいただきますよ。

そいうや昔、三大タブーに挑戦しました、ってBL小説を読んだことがあるんですが、兄弟で不倫で、あともう一つのタブーはなんだっけ? としばらく悩んだことがあります。ええ、同性同士なんですけどね。BLばっか読んでると、それがタブーだって忘れてしまうなぁ。以前は、同性を好きになってしまったどうしようって葛藤を描く話も多くありましたが最近はそんな風に悩みまくる話はあまり見受けられないからなぁ。

インセスト・タブーも、悩むより、何が悪いのと開き直る話が増えましたね。


閑話休題。
幼いころに捨てられて、新しい家族と一緒に育てられた紬里。おだやかで優しい長男と横暴でワガママな次男。わけ隔てなく本当の兄弟のように育てられたけれど、紬里はどうしても次男・和臣への想いを断ち切れなくて、的なお話。そこそこ面白かったです。

紬里の彼女のフリをしている茜ちゃんが、かなり良いポジションにいてストーリーに幅を持たせていると思います。彼女がなぜ男性嫌いなのか、その辺も明らかになると良かったのになぁ。

BL小説って、あらすじに出てくる2人がさいごに結ばれる、って話がほとんどなのでネタバレにはならないと思うのですが、和臣が紬里の気持ちに気付くところ。もう少し描き込んでほしかったかな。


兄弟の事情 (新書館ディアプラス文庫)兄弟の事情 (新書館ディアプラス文庫)
(2009/07/10)
渡海 奈穂

商品詳細を見る
スポンサーサイト

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。