読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「イデアマスター」若木未生(バーズノベルズ)
ラノベってファーストフードだよなぁ。
すぐ出てきて簡単に消費できるし。
作ってる人も、その手軽さを心がけてる人は多いと思う。
綿密な取材や、自分の深淵をのぞき込んでそれを暴き出すような覚悟をもってラノベを書いてる人はたぶんあまりいないんじゃないかな。

簡単に消費される商品に、それでもプロ意識と誇りを持って挑むことは、まあ素晴らしいと思いますが。
けど、マクドナルドのアルバイトに身を削るようなプロ意識を持ってハンバーガーを作ってます、とか言われても引くかも知れない……。

文学が優れているとか、高級料亭だけが立派とか言うわけではないけど。手軽に消費できる小説を、手軽な故に愛しているんですが。


しかしそれを是としない作家もいますね。
もともとコバルト文庫という少女小説から出していたシリーズの、完結編がこのノベルズです。新書。
大昔のコバルトは多少文学的な薫りもなくはなかったんですが、今はラノベの少女レーベルの一つにすぎないわけで。少女小説の先駆けとなったのがが多分コバルトで、創刊当時にコバルトが何を目指していたかは知りませんが、今のコバルトは大量消費されるかるーい物語ばかりです。

そんなレーベルでは続きを書くことが出来なかったこの作品は、6年も読者を待たせていて、もうそれだけでラノベ失格です。
スピードが命のラノベ界で、6年も待つ読者なんか。


この小説は音楽を描いています。
バンド物、とカテゴリ分けすることも出来ますが、音楽です。
高校生の主人公、朱音はアマチュアバンドでキーボードをやっていたのに、そのバンドをクビになった日、プロになることが決まったバンドのドラムをやらないか、と誘われます。
ロック界の天才・藤谷に見いだされた朱音はドラムの才能を開花させ、プロとしての道を進んでいく--

というあらすじを書きながら、なんか違和感がぬぐえない。
こんな話だったっけ。
大筋は間違ってないけど、違う。バンドのファンとのもめ事や、恋愛、ライバルとの競争とか、様々な出来事が物語を彩っているけど、違う。
この小説は音楽です。音楽を描いています。


待ってました。ものすごく待ってました。
新刊が出てすごく嬉しくて、手に取れてわくわくして、読んでる最中ずっと幸せで、読み終わって静かな満足感がわたしを満たしています。

この本を出せなかったコバルトは了見が狭いし、このシリーズに見向きもしなかったコバルト読者は視野が狭い。
ぶっちゃけ売れなかった、と作者は書いてますが、たしかにこれはコバルトの読者向きじゃないと思います。レーベルが求める作品を提供できない作者の力量にも問題があるのかもしれない。でもわたしはこの作品をコバルトの読者にこそ読んで欲しい作品だと思うのですが。出版社が変わったことが、少しだけ悲しいです。

最終巻。なんだか駆け足のように描かれているのが少し悲しい。もっとじっくり読ませて欲しかった。
もっともっとゆっくりこの物語の世界を味わっていたかったです。
ハンバーガーの最後の一口を大事に取っておきたかった。

でも冷めたら美味しくないよね。

この後、バーズノベルズから既刊が発行し直されるそうです。
未読の方は、ぜひこの音楽に身を浸して頂きたい。

イデアマスター―GLASS HEART (バーズノベルス)イデアマスター―GLASS HEART (バーズノベルス)
(2009/02)
若木 未生

商品詳細を見る
スポンサーサイト
「八日目の蝉」角田光代(中央公論新社)
えらい久々の更新です。生きてます。

で、タイトルの「八日目の蝉」ですが。実は読んでません。
いや、パラパラっとは読んだんですが。どーしてもちゃんんと読むことが出来ませんでした。

そんな本をなんで3年以上開けた更新に持ってくるのかというと。
つまり心境が変わったわけです。
更新してない間ももちろんわたしは生活してまして。主に本を読んだり本を読んだり本をを読んだりしてましたが。

他にも結婚したり本を読んだり転職したり引っ越したり本を読んだり出産したり本を読んだり子育てしたり本を読んだりしてました。
ほぼ本か。

んでまあ、何が変わったって、子供です。
結婚程度じゃわたしの日々の生活にそう変化はなかったんですが。出産は結構大きかったようです。
とにかく自由に出来る時間が圧倒的に減りました。ビックリするぐらい減りました。

専業主婦なんか時間ありまくりだろ、と思ってたんですが0歳児がいてはそれはあまり正しくないみたいです。もちろん、それでも上手く時間を作れる人は沢山いるのでしょうけれど。
わたしは出来ませんでした。

子供が寝た隙に読書やネットを楽しもうにも、どこか上の空になってしまってました。もっと読みたいと思うときに子供が起きて泣き出したりするせいかもしれないし、わたしに心理的余裕が持てなくなったせいかもしれません。

で。やはり一番変わったのが子供が出てくる本の受け取り方です。大きく変わりました。
以前は、子供が被害に遭う犯罪の本を読んだってふーんで受け流せたのに、いまはそれが出来ない。ニュースも子供が死んだ聞くと、以前よりずっと痛ましく受け止めるようになりました。


さてこの本です。
不倫相手の子供を誘拐して育てる、というあらすじは知ってましたし、各所で絶賛されているので、きっと面白いのだと思います。ですがわたしは、物語の序盤、主人公が子供をさらい、友人に「私の子供よ」と紹介するシーンで、自分でも途惑うくらいの怒りにおそわれて、とても読み進めることが出来なくなりました。


この主人公を紙面から襟首ひっつかんで引っ張り出して、殴り飛ばしてやりたい、と強く思いました。
大事なひとさまの子供を誘拐するなんて! しかも自分の子供として育てようとするなんて!
身勝手にも程がある。

たぶん。子供を産む前のわたしなら、ふつーにこの本を読めたと思います。そして楽しめたんだと思います。
でも、今のわたしは子育ての真っ最中で。冷静ではないのです。

お話なんだから、絵空事なんだから、ふつうに読めばいいじゃん、と思うのですが。どうしてもどうしても、もし自分が同じ目に会わされたら、を想像してしまって心穏やかではいられなくなるのです。
誘拐されたわたしの子供が、誘拐犯をおかーさんと呼んで慕うようになったら、と思うと、もう目の前が真っ暗になるような怒りにおそわれます。


冷静になれよ。と何度も思いました。が。おそらくは子育て注の母親なんて、こんなものなのかも知れません。
何より可愛くて大事、と思ってなきゃやってられませんしね。



因みに子供はもう1歳半で、だいぶ手が掛からなくなりましたよ。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。