読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
FOMAに乗り換え
そんなわけで、ケータイを買い換えました。
docomoの最新夏モデル。F07B。イエー。(←自らを鼓舞)

ワンセグもデコメもお財布機能もコンシェルジェ機能もついてきてウゼー。
でも、加入すると機種代金が割引になるサービスをことごとく断ったので、邪魔なヒツジが表示されたり、開くとニュースが流れることはありません。あとお財布機能も契約してません。面倒だから。

ケータイなんて通話とメールができれば良いんだ。
海外からガラパゴス携帯なんて呼ばれているような機能は本気で邪魔なんだ。
使わなきゃいいだけの話ですが。
未だ壊れたmovaに未練タラタラですよ。ふう。


■7月に買う予定の本■
6/30 「嵐が丘」若木未生(幻冬舎ノベルズ)
7/1 「遠い日の蝶」宮城とおこ(ミリオンコミックスCRAFT)
7/5 「花よりも花の如く 8巻」成田美名子(花とゆめコミックス)
7/6 「もやしもん 9巻」石川雅之(イブニングKC)
7/8 「学園キノ 4巻」時雨沢恵一(電撃文庫)
7/10 「CHERRY」月村奎(Dear+文庫)
7/15 「おとぎ話のゆくえ」一穂ミチ(ルチル文庫)
7/23 「カンピオーネ! VII」丈月城(スーパーダッシュ文庫)
7/24 「プリンセスハーツ 7巻」高殿円(ルルル文庫)
7/25 「僕は友達が少ない 4巻」平坂読(MF文庫J)
7/29 「溺愛ハニーバンチ 1巻」南野ましろ(花音コミックス)

「もやしもん」は6月発売と思ってたら7月だった模様。
「プリハー」も当初は5月の予定だった気が。
「カンピオーネ!」と「はがない」は前の巻で気になる引きだったので、これも楽しみです。


■最近読んだ本■
「RDG3 夏休みの過ごしかた」荻原規子(角川書店)
 続きが読めるのは早くとも1年後、と分かっていながら一気に読んでしまいました。面白かったー!! 読み終わった後で、もっとじっくり読めばよかったと後悔しましたが、時間を巻き戻してもきっと何度でも一気読みしてしまうでしょう。

「身代わり伯爵の花嫁修業1 消えた結婚契約書」清家未森(ビーンズ文庫)
 いずれ感想かきます。

「 プリンセスハーツ ~君は運命の人だからの巻~」高殿円 (ルルル文庫)
 短編集。そんなことより本編を、と思いながら楽しく読みました。でも7月予定の本編が待ち遠しい。

「あしながおじさん」ジーン・ウェブスター
 実はまともに読んだことがなかったので。恋愛小説だったとは知りませんでした。

「日本語の乱れ」清水義範(集英社)
 小説なのかエッセイなのか判別しがたい話がいくつか。学習の手引きには笑いました。

「ザ・フェミニズム」上野千鶴子・小倉千加子(ちくま文庫)
 最近、フェミニズム系の本を興味を持って読んでるんですが、別にわたし自身はフェミニストにはなれそうもないです。なる気もないです。ただ、考え方は面白いな、と。

「結婚しません。」遥洋子(講談社)
 これもフェミ系。筆者はタレントだそうですが、テレビを見ないのでどんな人かは知りません。著作を読む限りでは生き難そうな考えを持ってる人だな、という印象。

「働く女は腕次第」遥洋子(朝日新聞社)
 同上。うなずける章もあれば、首をかしげる章も。考え方自体は興味深いです。


「D・キッサン短編集」D・キッサン(ゼロサムコミックス)
 『どろ高』の作者の短編集。おおむねシリアスっぽい話が多いです。どれも面白かった。蹴鞠の話がすきだー。

「Landreaall 16巻」おがきちか(ゼロサムコミックス)
 面白いです。でもこの面白さを表現するのは難しい……。16巻まで出てますが、未読の人は読め!! 
 この物語に触れずに生きているマンガ好きの人は人生損してます。断言。

「ONE PIECE 58巻」尾田栄一郎(ジャンプコミックス)
 エース……。そこで振り返っちゃ駄目だろう。いくら譲れないことでも。

「八潮と三雲 1巻」草川為(花とゆめコミックス)
 三雲かわいいよ。三雲。でも彼女の好意は押し付けっぽくて、身近にはいて欲しくないタイプです。同時収録の読みきりがかなりツボ。
スポンサーサイト

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。