読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「イルカと泳ぎ、イルカを食べる」川端裕人(ちくま文庫)
プロフィール欄に「好きな作家:川端裕人」とか書いてる割に、氏の本のエントリを書いたことがないことに今気付いたので更新。

ちなみに、川端氏は元日本テレビの社員で、ネイチャー系のノンフィクションだけでなく小説も数多く発表しています。わたしは氏の小説もノンフィクションもどっちも好きです。


で。本書。
1997年に「イルカとぼくらの微妙な関係」というタイトルで出版された本の文庫化。
文庫版のための長い後書きで、昨今話題の「ザ・コーヴ」についても少し触れています。
たぶん、「ザ・コーヴ」が話題にならなかったら文庫化されなかっただろうと思います。

著者はイルカが好きで、イルカと一緒に泳ぐために各地を回ったり、一方でイルカ漁を生業とする地域の人々にインタビューし、一緒にイルカを食べたりしています。
この二つの行為が矛盾しないところが日本の文化の良い所だよなぁと、わたしなんかは思うのですが。
イルカ保護を熱心に訴える団体の多い国では、きっと考えられないことなんでしょうね。
著者はイルカ保護にも熱心ですが、イルカ漁を完全否定することもしていません。
中庸といえば聞こえはいいですが、どっちつかずとか結論がないと感じる人もいるかもしれません。でも多くの日本人にとっては、それが当たり前の感覚なのではないでしょうか。
結論を急ぐような議論ではないし、そもそも結論があるのか。

イルカを取り巻く人々の思惑や、人から様々な欲(癒されたいとか、保護したいとか、お金儲けに使いたいとか)をぶつけられるイルカと言う動物の特殊な状態を淡々と綴っているのが本書です。
「ザ・コーヴ」に疑問を持つ人も賛同する人も、読めば何らかの発見があると思います。


わたし自身は、イルカを食べるのも、牛や豚を食べるのも同列だと感じます。
ついでに言えば犬だろうがカンガルーだろうがパンダだろうが、それを食べる文化を否定する気はサラサラありませんし、普通に料理として出されたら食べると思います。絶滅の危機に瀕している種を食べるのは良くないことだとは思いますが。

かといって「クジラはいいけどイルカは駄目」とか「家畜は良いけど犬は駄目」とか言ってる人を否定する気もないですよ。そういう人に無理やりイルカ肉や犬肉を食べさせようとか思いませんし。個人個人の感覚を尊重したいです。どんな動物を尊いと感じるかなんて、人に押し付けることじゃないと思います。
「××を食べるなんてかわいそう」と言うんじゃなくて、「わたしは可哀相だと思うから食べないけれど、食べる人を否定はしない」というスタンスが、自然だと思うんですがね……。


さて。
クジラ漁もイルカ漁も(イルカはクジラ目だから同じ「捕鯨」ですが)、海外から執拗に反対されたり、国内外の自然保護団体から圧力やら妨害やらを受けていますが、反対の理由でわたしが納得できるのは2つだけです。絶滅危惧と、水銀汚染。
それ以外の反対はなんつーか、突っ込みどころありすぎて逆に笑えます。

魚じゃなくて哺乳類だから駄目とか。
かわいいからとか、人を癒してくれるからとか、残酷だからとか、頭がいいからとか。
主観に基づく感情論が多いのがどうにも。

魚はいいのか、とか。哺乳類って言うなら、牛豚はどうなんだ。家畜じゃなくても、猪や羊、兎、熊、鹿なんかは普通にどこの国でも食べられてるし。中国にはレッサーパンダを食べる地域がありますし、オーストラリアではカンガルーを食べる地域もあります。さらに言うなら、イルカやシャチを食べる地域もあります。(つまりオーストラリアでも全員が捕鯨に反対しているわけではない、ということでしょうけれど)

かわいいも癒しも主観でしかないし、残酷っていうなら生き物を食べるのは全て残酷だし、「頭が良い」にいたっては的外れもいいところだし。(野生動物の知能に優劣をつけるというのが間抜けな行為な上、そもそもイルカやクジラが突出して知能が高いなんて科学的事実はありません。イルカより豚のほうが知能が高いって言ってる研究者もいます)


なんか本書の感想からどんどん逸れてきましたが、要は、絶滅の心配のない種を絶滅させない範囲で捕ることはなんら問題ない、ということを主張したかっただけです。
他国が文句言うな!


因みに。
わたしもイルカは好きですし、見てると癒されるなぁとも思いますよ。
そして、自然目線の自然保護団体には賛同します。人間目線の保護団体はちょっとどうかと思いますし、自然目線でもテロ集団には賛同できませんが。


現在「日経ウーマン オンライン」「川端裕人の“かわいい”だけじゃすまないイルカの話」というコラムが連載中なので、興味を持った人は、本書を読む前に読んでみると良いかもしれません。


イルカと泳ぎ、イルカを食べる (ちくま文庫)イルカと泳ぎ、イルカを食べる (ちくま文庫)
(2010/08/09)
川端 裕人

商品詳細を見る
スポンサーサイト
今日も猛暑
毎日毎日、口を開けば「暑い」しか出てこない日々です。35度超えるとか、勘弁して欲しい……。
小学生の頃、夏休みの日記に
「今日は最高気温が24度もあって、とても暑かったです。夜になっても20度以上あってなかなか眠れませんでした」
と書いた記憶があるのですが。
ここ数日、温度計を見るたび、24度のどこが暑いのかと当時の自分を問い詰めたい気分でいっぱいになります。むしろ締め上げたい。

そんな九州でも指折りの高原地帯で避暑地でもある実家ですが、昨今は最高気温が27度を超すこともあるようで、電話口で暑いと騒ぐ母を、ふーんそりゃ暑いねー大変だねー、と慰めたりもします。
母よ、こっちは昨日の最低気温が28度だったよ。うちが一番涼しい時間帯より低い気温で暑いとか言ってんじゃねー!!

お盆に実家に帰ると、暑い暑いと扇風機の前から動かない親を横目に、長袖のシャツを出す羽目になります。慣れとは恐ろしいものです。


■9月に買う予定の本■
9/1 「白と黒のバイレ 鳴らせ、再幕のブレリア」瑞山いつき(ビーンズ文庫)
9/3 「そこをなんとか 4巻」麻生みこと(花とゆめコミックス)
9/6 「レッツ☆ラグーン 1巻」岡崎武士(ヤングマガジンKC)
9/7 「路地恋花 2巻」麻生みこと(アフタヌーンKC)
9/10 「狼と香辛料XV 太陽の金貨〈上〉」支倉凍砂(電撃文庫)
9/12 「まんがサイエンス 12巻」あさりよしとお(ノーラコミックス)
9/13 「ちはやふる 10巻」末次由紀(BE LOVE KC)
9/17 「capeta 23巻」曽田正人(KCDX)
9/24 「君に届け 12巻」椎名軽穂(マーガレットコミックス)
9/30 「とめはねっ! 7巻」河合克敏(ヤングサンデーコミックス)
9/30 「ゴーストハント 12巻」小野不由美・いなだ詩穂(なかよしKC)

 「レッツ☆ラグーン」が嬉しすぎる。岡崎先生、どうか体調を崩されませんように。
 「まんがサイエンス」も楽しみ。未収録作品を集めたそうで、事実上、これが最終巻になるのかな。もっと続いて欲しかった……。



■最近読んだ本■
今月は少なめ。

「おとぎ話のゆくえ」一穂ミチ(ルチル文庫)
 BL注意。いまどきこういう考え方の地域ってあるんだろうか……。世が世なら、って考え方はむなしいと思うんですがね。どうなんだろう。

「カンピオーネ! VII 斉天大聖」丈月城(スーパーダッシュ文庫)
 護堂さん確変状態。ハーレムもここまで行くと清々しいです。4人とも彼女ってことで本当に良いのか。まだまだ増えそうなところが怖いです。

「プリンセスハーツ ~今宵はせめて夫婦らしくの巻~」高殿円(ルルル文庫)
 恋愛ターン。かつてないほどの甘々っぷりですが、情勢のほうは不穏な方へと向かっていますね。各国々の思惑がどう絡んでくるのか、大変楽しみです。

「僕は友達が少ない 4巻」平坂読(MF文庫J)
 他のブログで、マリアの姉が一番残念という評を読んで意外に思いました。いや、一番残念なのは星奈だろう……。時に、作中で女ばっかりと書いてあるシーンに幸村がいたことはどう受け止めればいいのでしょうか。もう彼女なんですか? 彼は。

「悪魔のような花婿」松田志乃ぶ(コバルト文庫)
 甘いと評判なので読んでみました。甘かったです。登場人物みんな良い人で、誰もが主人公に優しいので、読んでいてほのぼのしました。

「クラッシュ・ブレイズ ファロットの休日」茅田砂胡(C☆NOVELSファンタジア) これでシリーズは終わりだそうで。ふーん。と。でも次もリィたちを活躍させるそうなので、そっちに期待したいところです。無理かな……。

「翼の帰る処3(上) 歌われぬ約束」妹尾ゆふ子(幻狼ファンタジア)
 下巻が出るまで読むまい、と思っていたのに誘惑に負けてしまいました。面白かった! 皇妹の提案は、傍から見たら羨望の的なのに、ヤエトにとっては不幸のどん底なところが相変わらず笑えます。頑張れ! ヤエト!

「交渉人は嵌められる」榎田尤利(SHYノベルズ)
「交渉人は諦めない」榎田尤利(SHYノベルズ)
 BL注意。2冊で一区切りの物語です。推理小説的には先が読める展開なのですが、推理小説ではないのでこんなものでしょう。まあ面白かったです。

「白と黒のバイレ 踊れ、終演のカンテと共に」瑞山いつき(ビーンズ文庫)
 最終巻。もうセロとかブランカの活躍が霞んでしまうほどリリアナさんが格好よかった。最強侍女。王にも根回ししてたんでしょうね。王でなく、親としての判断でしょうけど、よかったな、と。来月発売の短編集が楽しみです。

「溺愛ハニーバンチ 1巻」南野ましろ(花音コミックス)
 BL注意。あかるくさわやかに馬鹿馬鹿しくエロ。この作者の他の作品との違いを見つけるのが困難ですが、なんか好きだー。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。