読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「クラッシュ・ブレイズ オディールの騎士」茅田砂胡(C★NOVELSファンタジア)
なかなか楽しめました。
このシリーズ、金銀コンビがメインの話より、大柄夫婦がメインの方が面白いよなーと思います。
つかオーディルは最初、馬鹿で高慢ちきなお嬢さまかと思ってましたが、そうではなかったことがまあ、救いでした。
彼女は今後、連邦大学へ行くといいんじゃないかと思います。勉強は好きそうだし。

しかし悪役の人があまりに小物でいっそ哀れでした。
ステレオタイプの悪役で、考え方と言い、行動と言い、言動と言い、どこに出しても恥ずかしいくらいありがちな悪役で、あまりに徹底していていっそ清々しかったです。

えーと、あと、ピグマリオンの乗組員の人たち。ダンと大柄夫婦の関係に全く気付いてはないとおもうのですが。それでもどこか察するところがあるみたいで、それが面白かったです。


クラッシュ・ブレイズ - オディールの騎士 (C・NOVELSファンタジア)クラッシュ・ブレイズ - オディールの騎士 (C・NOVELSファンタジア)
(2009/11/26)
茅田 砂胡

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。