読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「喜嶋先生の静かな世界」森博嗣(講談社)
森博嗣の著書として最高傑作だと感じました。これほど美しい小説はない、とも。

自伝的小説です。「まどろみ消去」に収録された「キシマ先生の静かな生活」と筋は全く一緒。

ただ、あの短編よりももっと丁寧に、研究すること、自らで考えひらめくことの素晴らしさ、美しさが描かれています。研究者としての心構えや研究の魅力が随所に見られ、読んでいると学生時代に戻りたくなりました。

Ph.D.のphilosophyは哲学と訳されますが、もともとは愛好すると言う意味のラテン語philosと、知を意味するsophiaが合わさった言葉で、学問を愛するという意味になるのですが、この本を読むと、まさにPh.D.掻くあるべしと言う感じです。学問への崇高な愛を感じます。


「学問には王道しかない」

なんと美しい言葉でしょうか。
わたし自身も、理系の大学院を出ていますが、院生時代にこの本に出合えていたら、もっともっと研究にたいして、真摯でいられたのではないかと思うと、それがすこし残念です。でも大切なことは環境ではなく、今、どうしたいか、ということでしょう。

今はだらだらな主婦でも、意思さえあれば、どうとでも研究は続けられるのです。ネットもあるし、院に行かずとも学べること、考えることは出来るのですから。


オビに

この小説を読むと
●考えてもわからなかったことが突然わかるようになります。
●探してもみつからなかったものがみつかるかもしれません。
●他人と考えが違うことや他人の目が気にならなくなります。
●自分のペースや自分の時間を大切にできるようになります。
●落ち着いた静かな気持ちで毎日を送れるようになります。
●なにか夢中になれるものをみつけたくなります。
●スポーツが得意になるかもしれません。
●学生の方は進路が変わってしまう可能性があります。
●年齢性別関係なくとにかく今すぐなにか学びたくなります。

と書いてあるのですが、スポーツ云々以外は結構当たってる気がします。

喜嶋先生の静かな世界 (100周年書き下ろし)喜嶋先生の静かな世界 (100周年書き下ろし)
(2010/10/26)
森 博嗣

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。