読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
食欲絶賛増進中
授乳中は食べても食べても太らないから楽しいですね。卒乳後が怖いですが。


■1月に買う予定の本■
12/28 「マリア様がみてる ステップ」今野緒雪(コバルト文庫)
1/7 「雨柳堂夢咄 13巻」波津彬子(眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
1/10 「なれる!SE 3 失敗しない?提案活動」夏海公司(電撃文庫)
1/25 「CHRONOS-DEEP- 1巻」相川有(ゼロサムコミックス)
1/28 「猫と針」恩田陸(新潮文庫)

1月は買う本が少ないなー。節約志向的には嬉しいが、しかし、たった4冊って!! 過去最少かも。楽しみが少なすぎる。茅田砂胡の「レディ・ガンナー外伝」も発売延期っぽいし、読書的には淋しい月になりそうです。取り敢えず一番の楽しみは相川有。またヘタレっぽい主人公で嬉しいよ。


■最近読んだ本■
まえの記事で書き忘れてた分。忘れてる忘れてると思ったけど、こんなに忘れてるとは思わなかった。まだまだありそうな予感。

「銀盤カレイドスコープ 全9巻」海原零(スーパーダッシュ文庫)
 主人公タズサの性格がイマイチ好きになれないまま最後まで読みましたが、スポーツ小説としては面白かったです。

「エネアドの3つの枝 それでもあなたに恋をする」樹川さとみ(コバルト文庫)
 過去に自分を馬鹿にした男を見返すため綺麗になって復習を、的な可愛らしい話でした。ちょっとものたりなかったけど。

「エネアドの3つの枝 女嫌いの修練士」樹川さとみ(コバルト文庫)
 面倒な過去があっても強く前向きなララが魅力的でした。

「エネアドの3つの枝 最後の封印」樹川さとみ(コバルト文庫)
 いや、ヒースは結構酷いやつに見えるんですが。どこが良いの、この男。

「ねじまき博士と迷い猫」樹川さとみ(コバルト文庫)
 野生動物に育てられた少女と、研究意外気の回らない博士のボーイミーツガール。ほのぼのしました。

「ねじまき博士と謎のゴースト」樹川さとみ(コバルト文庫)
 リーのキャラが微妙に定まってないと思うのですが。ラノベだからいいのか。

「ねじまき博士とガラスの時計」樹川さとみ(コバルト文庫)
 無駄に繊細で勘違いの多い博士が可愛い。人の話は聞け。

「グランドマスター! 総長はお嬢さま」樹川さとみ(コバルト文庫)
 奇行を繰り返す(ように見える)お嬢さまと、その部下ハルの気苦労の耐えない旅を描いた話。シンドーおとうさんに癒されました。

「怪しい日本語研究室」イアン・アーシー(毎日新聞社)
 カナダ人で日本語マニアの著者が日本語についてツッコミを入れまくる本。でも外国人だけあって基本的な知識がなかったりするので、読んでてこっちがツッコミたくなることが多々ありました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。