読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『GOTH 夜の章・僕の章』乙一(角川文庫)
ラストの展開は読めたなぁ。ちょっと勿体無かった。
2番目くらいに読んでいたら騙されたかも知れないけど。むしろ「犬」の方が吃驚しました。そ、それってありなの?

というわけで結論として。一番面白かったのはあとがきです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。