読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「きみはペット 14巻」小川彌生(講談社コミックキス)
このマンガ途中からわりとダレてきて、どうでもいいエピソードとか増えて、イライラしつつも楽しんで読んでいましたが、ここに完結。最終話はなかなか良く出来ていると思います。

あとがきの小川氏と担当のまっちゃんのやりとりが面白くて好きでした。これを読んでると、担当氏はちょっと抜けてる人みたいなイメージなんですが、こないだ「ダ・ヴィンチ」に彼女のインタビューが乗ってて、興味深かったです。かなりデキル担当さんのようですね。

面白いマンガって、わりと担当さんの力が大きかったりしますね。もちろん、作者の力量が一番影響しますけど。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック