読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「僕は僕の道を行く。」せのおあき(オークラコミックス)
ボーイズラブ。まあそこそこの出来で、可もなく不可もなくといった感じ。ふつーのボーイズラブを求めている人にはまあオススメ。

麻生玲子の「心のなかに卵がひとつ」(コバルト文庫)にちょっとだけ出てきた櫟というキャラクタに興味がある人は、読むと多少背景が分かるでしょう。……こういうのってなんか同人誌的だなぁ。(事実、同人誌の再録みたいだけど)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。