読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「八日目の蝉」角田光代(中央公論新社)
えらい久々の更新です。生きてます。

で、タイトルの「八日目の蝉」ですが。実は読んでません。
いや、パラパラっとは読んだんですが。どーしてもちゃんんと読むことが出来ませんでした。

そんな本をなんで3年以上開けた更新に持ってくるのかというと。
つまり心境が変わったわけです。
更新してない間ももちろんわたしは生活してまして。主に本を読んだり本を読んだり本をを読んだりしてましたが。

他にも結婚したり本を読んだり転職したり引っ越したり本を読んだり出産したり本を読んだり子育てしたり本を読んだりしてました。
ほぼ本か。

んでまあ、何が変わったって、子供です。
結婚程度じゃわたしの日々の生活にそう変化はなかったんですが。出産は結構大きかったようです。
とにかく自由に出来る時間が圧倒的に減りました。ビックリするぐらい減りました。

専業主婦なんか時間ありまくりだろ、と思ってたんですが0歳児がいてはそれはあまり正しくないみたいです。もちろん、それでも上手く時間を作れる人は沢山いるのでしょうけれど。
わたしは出来ませんでした。

子供が寝た隙に読書やネットを楽しもうにも、どこか上の空になってしまってました。もっと読みたいと思うときに子供が起きて泣き出したりするせいかもしれないし、わたしに心理的余裕が持てなくなったせいかもしれません。

で。やはり一番変わったのが子供が出てくる本の受け取り方です。大きく変わりました。
以前は、子供が被害に遭う犯罪の本を読んだってふーんで受け流せたのに、いまはそれが出来ない。ニュースも子供が死んだ聞くと、以前よりずっと痛ましく受け止めるようになりました。


さてこの本です。
不倫相手の子供を誘拐して育てる、というあらすじは知ってましたし、各所で絶賛されているので、きっと面白いのだと思います。ですがわたしは、物語の序盤、主人公が子供をさらい、友人に「私の子供よ」と紹介するシーンで、自分でも途惑うくらいの怒りにおそわれて、とても読み進めることが出来なくなりました。


この主人公を紙面から襟首ひっつかんで引っ張り出して、殴り飛ばしてやりたい、と強く思いました。
大事なひとさまの子供を誘拐するなんて! しかも自分の子供として育てようとするなんて!
身勝手にも程がある。

たぶん。子供を産む前のわたしなら、ふつーにこの本を読めたと思います。そして楽しめたんだと思います。
でも、今のわたしは子育ての真っ最中で。冷静ではないのです。

お話なんだから、絵空事なんだから、ふつうに読めばいいじゃん、と思うのですが。どうしてもどうしても、もし自分が同じ目に会わされたら、を想像してしまって心穏やかではいられなくなるのです。
誘拐されたわたしの子供が、誘拐犯をおかーさんと呼んで慕うようになったら、と思うと、もう目の前が真っ暗になるような怒りにおそわれます。


冷静になれよ。と何度も思いました。が。おそらくは子育て注の母親なんて、こんなものなのかも知れません。
何より可愛くて大事、と思ってなきゃやってられませんしね。



因みに子供はもう1歳半で、だいぶ手が掛からなくなりましたよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。