読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「バクマン 1・2巻」大場つぐみ・小畑健(ジャンプコミックス)
話題のマンガですが、初めて読みました。続きが楽しみなマンガですね。

でも、これ面白い?
みなが騒ぐほどにはおもしろくなくね?
とか思ったり。

イヤ、マンガ編集の裏側がのぞける場面は大変面白いんですよ。あと主人公二人がすごく切磋琢磨してるところとか。
でもそれ以外のところがなんか主人公たちに都合よく回りすぎてちと拍子抜けなのですよ。

そんなに簡単に両想いになってたまるかー、とか親があっさりマンガ書くこと認めちゃっていいの? とかオマエら高校のレベル下げたことで担任とかに呼び出されたりしなかったの? つか授業中にほとんど授業受けてない描写ばかりだけど、それで睨まれたりしないの?とかとか。

枝葉末節かもしれませんけどね。このマンガの主軸はあきらかに裏事情の暴露っつーか、マンガ家を目指すひとたちへのメッセージみたいですから。たいていのマンガ通は知ってることばかりですけど、たまに面白いエピソードもあって読ませますしね。

たぶん物語が動き出すのはこれからなんでしょうね。1巻2巻は後付けの設定を出してる感がありました。だから作者が本当に書きたいことが始まるのはこれからだという気がします。
連載を得るまでに苦労したり、ライバルと勝負して負けたり、連載を得てからも人気の上がり下がりにふりまわされたりするのではないでしょうか。どうだろう。

とりあえず続刊も買い続けたいです。
亜豆かわいいよ亜豆。

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2009/01/05)
大場 つぐみ

商品詳細を見る


バクマン。 (2) (ジャンプ・コミックス)バクマン。 (2) (ジャンプ・コミックス)
(2009/03/04)
大場 つぐみ小畑 健

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。