読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「Landreaall 14巻」おがきちか(ゼロサムコミックス)
待ちに待った14巻。嬉しいです。
13巻と同じくアカデミー騎士団編がたいへんすばらしいですね。ほんとうに面白い。
これほどよく練られた物語を他に知りません。最高です。

ティ・ティと学長の話も良いですが、今回の白眉はライナスとシメオンの会話ですね。
貴族階級と商人。身分の差と考え方の差が端的に出ていたように思います。
このマンガを読んでいると、階級がある社会ってこういうことなんだなぁ、ってのが本当にしみじみと分かります。

一緒の学校に通っていて、同じ学生として扱われていても現れる歴然とした差。
本人たちの自意識もそうだし、周りの扱いもそう。
階級に全く縛られないDXの視点からじゃ分かり難かったことがよく分かります。そしてDX(とイオン)がどれだけ特別なのかも。


しかし霊感はない、と言い張るDX……。ロロットの件、本人はどう考えているんだろう?

Landreaall (14) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)Landreaall (14) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2009/05/25)
おがき ちか

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。