読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「この世界の片隅に 上・中・下」こうの史代(アクションコミックス)
「夕凪の街 桜の国」で有名なこうの史代の新作が完結したので読んでみました。
Webでの評判は「夕凪の街 桜の国」以上ですので、わたしがこれ以上何を書いても、海に一滴の水を落とすようなものなので、詳しくは語りません。
要は名作だ、という話です。

ところで上巻にお箸の持ち方で遠くに嫁ぐか、近くに嫁ぐか分かるってシーンがあって、おお、と思いました。
わたしも小学校の頃にこの迷信を聞いたことがあるからです。
ですが、この話を他人にしても「そんなの聞いたことない」と言われるばかりで、わたし自身どこでこの迷信を知ったのか思い出せないのです。
ウチの親に聞いても知らないと言うし。
わたしの空想かと思ってましたが、やはりこの迷信は存在すると分かって嬉しかったです。

ちなみに私はその迷信を聞いて以来、ずっと箸の上の方を持つようにしてきました。
その甲斐あってか、いまは実家を遠くに離れることができました。

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
(2008/01/12)
こうの 史代

商品詳細を見る


この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)
(2008/07/11)
こうの 史代

商品詳細を見る


この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)
(2009/04/28)
こうの 史代

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。