読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「考えなしの行動?」ジェーン・フルトン・スーリ 著・森博嗣 訳(大田出版)
森博嗣が訳なので買ってしまいました。
「発想」や「着眼」を訓練するための教科書的な本で、デザイナを目指す人は原書で読むべき本だそうです。
人間が無意識下で取ってしまう行動の、その写真だけが載っている写真集で、その写真からどのようなヒントを得られるか、人間観察の訓練のための本なので、作家やアーティストを目指す人にも、作品のヒントとなるかもしれない、そうですが……。うーん。

例えばまっすぐ歩くとマンホールを踏む、というとき、無意識にそれを避ける人もいるかと思います。この、なんとなく避けて通る、という行動を、製品のデザインに組み込むことができるか? というようなアイデアのヒントが、この本を読んでいれば得られる、かもしれません。

個人的にはよくわかりませんでしたが。面白いとは思いましたけどねー。
人間観察って、わたしには縁の遠い世界です。

考えなしの行動?考えなしの行動?
(2009/06/18)
ジェーン・フルトン・スーリIDEO

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。