読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「とめはねっ! 5巻」河合克敏(ヤングサンデーコミックス)
書道部活マンガもようやく5巻目。途中雑誌が変わったとはいえスローペースだなぁ。
いいけど。

帰国子女の大江縁くんが書道と出会い、個性的な面々の先輩部員に振りまわされつつ少しずつ成長する話、かな。

この巻では書の甲子園の結果と文化祭でのパフォーマンス、それから先輩部員の日野ちゃん三輪ちゃん加茂ちゃん3人の出会い編が収録。
しかし書道シーン以外のエピソードはなんかユルイよなー。こういう女子高生ってイマドキあんまりいないんじゃ? と違和感を感じるシーン多し。とくに恋愛がらみのシーンはなんか読んでてつまんない。つかユカリくんにはあまり共感出来ないんだよなぁ。半目だからか。

けど書道薀蓄や実際パフォーマンスをしてるところなんかは見所があって好きです。
書の甲子園優勝校の豊後高校が、今後、鈴里高校にどう絡んでくるのか楽しみです。
つか第57話のタイトルにもあるけど、大分は九州!! 大分県出身者として、声を大にして言いたいよ。

来年1月からNHKでドラマ化されるらしいです。


とめはねっ! 5 (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 5 (ヤングサンデーコミックス)
(2009/06/30)
河合 克敏

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。