読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「拝み屋横丁顛末記 12巻」宮本福助(ゼロサムコミックス)
無茶でデタラメでハチャメチャな霊感コメディも12巻。
正月も実家に帰りたくない正太郎君の両親がほんとうに気になります。いったいどういう親なんだ。

拝み屋横丁という、陰陽師やら霊媒師やら神父やらイタコやら占い師やら神主やら、とにかくホラーに縁のありそうな人々が集まっている町で繰り広げられるドタバタコメディ。幽霊、呪い、異次元、悪魔、タイムスリップ、猫又なんでもあり。そしていい加減。
そんなところが大好きです。

今回は貧乏神さんのエピソードが面白かったです。案外歴史ある人だったんだなぁ。


拝み屋横丁顛末記 12 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)拝み屋横丁顛末記 12 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2009/07/25)
宮本 福助

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。