読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「陽だまりのピニュ 5巻」こがわみさき(ガンガンコミックス)
陽だまりの王国・チパルルからの留学生・ピニュエート。彼女とクラスメイトたちの和やかな交流と日常を描いたほのぼの学園ものもついに完結。終わってしまいました。
最終話はとても素敵で、物語の美しい着地を見せてくれました。

が。
えー本当に完結っ!? と声を大きくして叫びたい。
もっともっと読みたいよう。まだまだ陽だまりの世界に浸っていたいよーう!!
浴衣とか修学旅行とか体育祭とかのエピソード読みたかったなー。
いつかどこかで描いてほしいものです。

ピニュに会いにチパルル王国へやってきた湊と久慈。二人は無事にピニュたちに会えるのか。ピニュの「成人の儀」はどうなるのか。ピニュの母・ミニュアンテの思惑は。
どんなふうに描かれるのか、楽しみで楽しみで仕方ありませんでした。
そして、

Lana pllar ameil Pignuert.
Lana opa tipal-ou Ameil-na.


いやー。この時のピニュの表情ときたら!!
激ツボでしたよ。ちょー可愛い。
このあとの二人の行動が逐一可愛くって、もー困ってしまいましたよ。
思わず掴んだ手を放してしまって後悔しているとこととか。
その後の放心とか。たいへん素晴らしいですね。
湊とミニュアンテのエピソードも大好きです。

ちいさな台詞にまで伏線や練られた意味があったりして、読み返すたびに新しい発見があるような、ほんとうに素敵なマンガでした。

ところで上のチパルル語。
1行目は解るのですが2行目が微妙に解らないわたしは読みがまだまだ甘いのでしょうか。いや、なんとなくは解るのですが。
正確にわかる方、どうか教えてください。


陽だまりのピニュ 5巻 (ガンガンコミックス)陽だまりのピニュ 5巻 (ガンガンコミックス)
(2009/07/22)
こがわ みさき

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。