読書メモ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「身代わり伯爵の冒険」清家未森(ビーンズ文庫)
駆け落ちした双子の兄に代わって、下町育ちの少女が男装で王宮を駆け回るドタバタコメディ。多少ラブあり(か?)。

なんとなく気になりつつ放置していたシリーズ。ネットで好きな作家さんが褒めていたので読んでみました。
面白かった! 
とにかくテンポ良く話が進んで読みやすい。そしてお約束でベタでテンプレな展開が満載で読みながらニヤニヤできるところが素晴らしいです。王道ラブコメの惹句に違わない物語でした。
落ち込んでもすぐに立ち直る主人公のミレーユが可愛くて良いです。
そして兄のフレッドが好きだ……。こういう出来るんだかアホなんだか判断に苦しむキャラは大好きです。
そして、ものすごく鈍いヒロインと少々ヘタレな相手役の今後がかなり楽しみです。

そんなわけで「冒険」を読んだ直後に本屋に行って、既刊を全部買い揃えてしまいました。(早っ)
これから読むのが楽しみです。


身代わり伯爵の冒険 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の冒険 (角川ビーンズ文庫)
(2007/02)
清家 未森

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。